コンテンツを改良しない「ホームページはそのままで」というSEOサービス

コンテンツを改良しない「ホームページはそのままで」というSEOサービス

通常考えられることとしては、月額料金によるSEOであっても、それがコンテンツ改良のコンサルティングフィーであるのならば、それは一般的なサービスです。

しかしながら、「ホームページはそのままで」という謳い文句がある点を考えると、おそらくそのサービスはリンク販売、リンクプログラムでしょう。

近年の検索エンジンのリンク販売へのペナルティは著しいものになっています。

明確には理由が示されていないものの、一昔前では必須と言われた、大手ディレクトリ有料審査サービスも「nofollow」で対策が行われた後、新規受付などはサービス停止になっていきました。

おそらく中小規模ではまだペナルティの対象にはなっていない場合がありますが、今後どのタイミングで、大手ディレクトリサービスのようなことになるかはわかりません。

今後検索エンジンにおいて人工知能の導入も話題になっているため、アルゴリズムの変更で「ナチュラルリンクの見極め」などに大幅な取り扱い変更が起こる可能性があります。

コンテンツを改良しない「ホームページはそのままで」というSEOサービスは、リンク販売と考えてよいでしょう。

リンク販売サービスは、ブラックハットSEOとしてGoogleが禁止している方法です。