ホームページの高速表示化とSEO

ホームページの高速表示化とSEOにはある程度関係があり、高速表示化は、SEO内部対策としての側面を持っていますが、ページの応答速度・表示速度の向上は、「ユーザーのホームページ閲覧性」に直結するため、SEOとしてだけでなく、ホームページによるWebマーケティングのコンバージョンにも影響を与えます。Googleは表示の応答時間が長い、重たいホームページの評価を下げる旨を公式アナウンスしていますが、実際にどの程度ホームページの表示速度が検索ランキングに影響を及ぼすのかは、はっきりしていません。

ホームページの高速表示化(SEO内部対策)

モバイルSEOとしての高速表示化とSEO

モバイル検索時には、ホームページの表示速度、ページの転送速度が特にSEOと関係し、応答速度が検索ランキングに影響を与えるため、顧客層にモバイルユーザーが多い店舗ホームページなどの場合は、全体的なホームページのモバイルフレンドリーに加えて、表示速度の向上を検討する必要があります。PCはブロードバンド回線であるため、モバイルSEOとしての高速表示化という要素が強い傾向にあります。

高速表示化の要素

ホームページの高速表示化にあたり、高速表示化の要素として基本的にはフロントエンド側の高速化作業とバックエンド側の高速化作業に大分類されます。サーバーサイドの高速表示化が難しい場合でも、よほどの大規模サイトでない限り、SEOを考える上での高速表示に関してはフロントエンド側の工夫でも十分に対応可能です。