モバイルSEO スマホ検索時の検索順位決定

モバイルSEO スマホ検索時の検索順位決定

スマホ検索時の検索順位決定要因として通常のSEOに加え、モバイルSEOを実施する必要があります。 モバイルSEOの大前提として、ホームページがモバイルフレンドリーサイトになっている必要があります。このホームページのスマホ対応、モバイルフレンドリーサイトにはレスポンシブデザインやスマホ用独自のページの作成と振り分け等、様々な方法がありますが、これらはモバイルSEOの大前提です。 その上で、モバイルS[…]

SEOで正当なコンテンツの評価を得る

SEOで正当なコンテンツの評価を得る

SEOは元々、ページの中身を検索エンジンに正確に伝えることで正当なコンテンツの評価を得ることが目的です。単純に特定のキーワードで検索順位を向上させることが目的ではありません。 その前提となるのが、高品質なコンテンツです。土台がしっかりしていないのにリンクによるSEOスコアの受け渡しで検索順位を高めようとすることはSEOではありません。 あくまで前提としてページコンテンツ・ページの掲載内容がユーザー[…]

サイトリニューアルの時のSEO(SEO対策)

サイトリニューアルの時のSEO(SEO対策)

サイトリニューアルの時のSEO(SEO対策)について。 SEOを意識せずにサイトリニューアルを行うと、時に大幅なアクセス現象に見舞われることがあります。その原因はコンテンツの重複によるミラーサイト判定や、リンクパワーロスです。 本格的なホームページ運用のために、独自ドメインを取得され、新規ホームページを公開刷る場合にでも、Webデザインなどに気が取られるあまりSEO(SEO対策)に対しては意識が向[…]

SEOとしてリライトするメリットとプラス要素

SEOとしてリライトするメリットとプラス要素

ホームページの既存コンテンツをリライトすることによって、SEOキーワードの調整による検索結果での表示が変化することのほか、追記などをすることでページの品質が向上するため、特定キーワードでのそのページの検索結果順位上昇、複合キーワードでのロングテールSEOといった固有のページ単位でのSEO効果を期待することができます。 そして、こうしたリライトはホームページ全体のSEOキーワードの調整や品質向上につ[…]

リライトによるSEOはSEO対策の王道

リライトによるSEOはSEO対策の王道

ページのリライトによるSEOはSEO対策の王道であり、コンテンツクオリティを維持発展させるものであるため、検索エンジンから高評価を受けるのは当然といえば当然です。SEOとしてのカスタマイズの一つとして、現状のページコンテンツのリライト(書き直し)によって、SEO内部対策を施策することが理想的です。 SEOは検索エンジン最適化を意味しますが、あくまでページコンテンツの内容に価値があり、その内容をどれ[…]

SEOでSEO外部対策(被リンク)が主流だった理由

SEOでSEO外部対策(被リンク)が主流だった理由

SEOでSEO外部対策(被リンク)が主流だった理由はSEO会社はプログラムに沿って、リンクを張るだけといった手間がかからない方法だったという、SEO会社側の理由もありました。 また、SEO会社へ発注する依頼者側としては、検索上位表示までは費用のかからない月額制の安価なサービスという点とホームページの内容自体を変化させなくてよいという点がありました。 SEOにはSEO内部対策とSEO外部対策がありま[…]

SEO内部対策のSEOスパム

SEO内部対策のSEOスパム

SEOスパムのSEO内部対策に関する行為は、概ねコンテンツの作成に関するものと、ページ内のコンテンツ内容の不正行為が該当します。コンテンツの複製はもちろん、オリジナルのコンテンツであっても隠しテキスト、隠しリンクなどのSEOスパムがないかといった点が重要なポイントです。 具体的なガイドライン コンテンツの自動生成 オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成 クローキング […]

コンテンツマーケティングとSEO

コンテンツマーケティングとSEO

コンテンツマーケティングとSEOについて。 ホームページにオウンドメディア機能を設置しコンテンツマーケティングを導入し、良質なコンテンツを配信していくことによって、関連性のあるコンテンツ同士が相乗効果を生み出していきます。 こうしてコンテンツ同士の相互扶助が形成されることが結果的に最良のSEOとなります。こうしたSEOはコンテンツSEOと呼ばれることがあります。 通常の検索エンジン最適化であるSE[…]

SEOキーワードの調整

SEOキーワードの調整

サイトコンテンツのSEOキーワードを調整することで、ホームページへの集客だけでなく、そのマーケティング効果の向上を図ることができます。 ホームページのWebマーケティング効果を高めるためには、なるべく検索エンジンからのホームページアクセスを獲得する事が重要です。 そして、さらに言えば、本当に問い合わせにつながる見込客層であるユーザーからのアクセスをいかに獲得するかが重要になります。 ホームページの[…]

ホームページの高速表示化とSEO

ホームページの高速表示化とSEO

ホームページの高速表示化とSEOにはある程度関係があり、高速表示化は、SEO内部対策としての側面を持っていますが、ページの応答速度・表示速度の向上は、「ユーザーのホームページ閲覧性」に直結するため、SEOとしてだけでなく、ホームページによるWebマーケティングのコンバージョンにも影響を与えます。Googleは表示の応答時間が長い、重たいホームページの評価を下げる旨を公式アナウンスしていますが、実際[…]

リッチスニペットとSEO

リッチスニペットとSEO

リッチスニペットは、検索結果ページに表示されるタイトルや概要文以外の付加情報を表示させて、検索したユーザーに「目的のページ」を見つけることを補助するための検索エンジンの拡張機能ですがSEOにも影響を与えます。検索結果の下部に著作権情報やサムネイル画像などを表示する機能ですが、こうした付加属性がSEOのランキング計算に若干のプラスのスコアを与えます。このリッチスニペットは、ページへの構造化データマー[…]

画像のSEO

画像のSEO

ホームページの各ページに設置された画像にSEOを施すことで、ホームページの表示速度改善といったSEO、画像の意味付けによるページ品質の向上、画像検索からの検索流入といったSEO効果を期待することができます。 画像のSEO 表示速度向上のためにファイルサイズを軽量化 画面上ほとんど同じように見える画像も実はファイルサイズが大きく異なる場合がよくあります。ホームページにファイルサイズが大きい画像が複数[…]

ホームページの軽量化によるSEO

ホームページの軽量化によるSEO

ホームページの軽量化によるSEOは特にモバイルSEOにおいて重要です。軽量化もホームページのSEOのひとつとして重要な要素ですが、ページの応答速度は、検索結果の順位への影響だけでなく、ユーザーの閲覧性向上やページ離脱回避のためにも重要な項目です。 ホームページの軽量化によるSEO(SEO内部対策) ホームページの軽量化 ホームページの表示速度は、速いほどメリットがあり、ホームページの軽量化はその表[…]

相互リンクの危険性 古いタイプのSEO

相互リンクの危険性 古いタイプのSEO

相互リンクのリンク先 さて、先程までは、リンク先が404であるといった「リンク切れ」でしたが、これは相互リンクが流行していた頃に設置されていた「リンク集」でもよく起こることです。 相互リンクがよく行われていたのは約10年ほど前からペンギンアップデート開始の頃(2012年)までなので、その間に相互リンクをされていた場合は要注意です。 ホームページ自体の削除やドメイン切れなどで、リンク先が404ページ[…]

士業ホームページのSEO対策

士業ホームページのSEO対策

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、士業ホームページのSEO対策として、基本的なSEOはもちろん、士業の顧客層の検索ニーズの洗い出しを行い、専門業種に合わせたコンテンツプランニングや、内部SEOによって、極めてWeb集客効果の高いホームページへと仕上げます。 士業事務所のローカル性に合わせたSEO 士業事務所は、商圏が限定されていることが多く、ローカル性の高い業種であるため、ロ[…]

スマホのSEO・モバイルSEOと検索上位化

スマホのSEO・モバイルSEOと検索上位化

スマホのSEO・モバイルSEOと検索上位化。 スマホ対応されていないサイトは、モバイル検索の順位だけが低くなる傾向が顕著に表れています。モバイルSEOを実施して検索上位化を行いましょう。モバイルファーストインデックスに向けSEO対策が必要です。スマホSEO対策、モバイルSEO対策の前提として、基本的に検索エンジンはスマートフォンサイトとPCサイトをバラバラに認識していることに着目しましょう。 モバ[…]