SEOでSEO外部対策(被リンク)が主流だった理由

SEOでSEO外部対策(被リンク)が主流だった理由

SEOでSEO外部対策(被リンク)が主流だった理由はSEO会社はプログラムに沿って、リンクを張るだけといった手間がかからない方法だったという、SEO会社側の理由もありました。

また、SEO会社へ発注する依頼者側としては、検索上位表示までは費用のかからない月額制の安価なサービスという点とホームページの内容自体を変化させなくてよいという点がありました。

ただしこうしたSEOは本来の意味でのSEOではなく、SEO外部対策として「被リンク」に依存するのは、検索エンジンの趣旨から反した行為です。

ペンギンアルゴリズムの自動化以降は通用しなくなるでしょう。