SEOキーワードからの流入を収益に直結させるSEO対策

SEO対策を実施する場合、SEOキーワードからの流入が収益に直結するかを検討する必要があります。多くのSEO対策キーワード候補を精査し実集客に繋がるコンバージョンSEOキーワードを提案します。継続してSEO内部対策を実施し、検索アルゴリズム変動の傾向分析による継続的な調整が必要です。

SEOキーワードごとに分析

SEOキーワード分析コンサルティング。PV、訪問数、滞在時間などを確認しSEO対策キーワードが本当に売上結びついているのかSEOキーワードごとに分析します。SEO外部対策およびSEO内部対策にてターゲットの検索順位を上位表示させます。検索流入ユーザーのサイト内部での離脱率を低下させ、問い合わせページへと誘導するための分析を行います。

SEO対策では、SEOキーワード流入ユーザーがどのように遷移するか、それまでの経路に障害になっているポイントはないかを検証する必要があります。

コンテンツとSEO対策のキーワード

検索エンジンのガイドラインに沿いSEO対策を実施し、オリジナルコンテンツが少ない場合、 同一コンテンツがサイト内に過剰にある場合、重複コンテンツ対策を実施します。

テキストアンカー被リンクによるSEOをやめる

SEO内部対策、委託型SEO対策は、その成果、収益に直結に関係なく費用が発生する仕組みとなっているためSEO会社の中には、「もしSEOで上位表示されずに終わってしまった場合は、無駄な出費となってしまいます」と謳う会社があります。しかしテキストアンカー被リンクによるSEOはGoogleのガイドライン違反です。

ホームページ制作で、ホームページ内のコンテンツボリュームを増やし、内部リンクの最適化などを行うのが適切なSEO対策です。