2016年8月15日

SEO対策

SEO対策(SEO)

SEO対策を実施する場合は、SEO内部対策とSEO外部対策の両側面からの施策が必要です。SEOはページを検索エンジンに最適化するという意味を持ち、結果として特定キーワードでの検索結果順位上位表示を目指すものですが、単純に順位を向上させるためのものではありません。

Mol Select(モルセレクト)by ファンフェアファンファーレが提供するSEO対策サービスは、すべて、ホームページの内部要因に関する最適化である「内部SEO」と、高品質コンテンツの配信によるコンテンツSEOといった純粋なホワイトハットSEOです。
「自社ホームページ)は本当にマーケティングに貢献しているのだろうか?」
「サイトに全然アクセスが集まらず、ホームページの効果を感じられない」
それを解決する一つの方法がSEOです。

SEO内部対策

SEO対策(SEO)SEO内部対策

ホームページの主題となるテーマを正確に検索エンジンへと伝えるSEOです。

このSEO内部対策こそが本来の意味でのSEO(検索エンジン最適化)であり、ページの内容、メタ設定部分に適切にマークアップを施すことによって、ページ内容を正確に検索エンジンに通知し正当な評価をされるように工夫します。

SEO内部対策

ホームページ全体の修正

ホームページの主題を明確に検索エンジンへと伝えるために、ホームページのHTMLコードなどを最適化します。

基本的なページのベースとなるテンプレートをSEOに最適化しておくことで、評価のロスが少なくなります。

ページごとのSEO

ページごとの本文の内容の中で重要な部分を示すことにより、特定の検索キーワードに最適化します。

サイト構造の最適化

サイト構造を最適化し、分散したスコアを収束させることで、アクセスアップを叶えるページコンテンツへと変化させます

コンテンツSEO

SEO対策(SEO)コンテンツSEO

高品質なコンテンツをホームページ内に配置し、サイトの主要テーマに対する専門性を高めます。

またコンテンツページそのものが検索エンジンからのアクセスを支える重要なページとなります。

同時に、コンテンツページへの人気が高まれば、そのページやサイト全体の価値が高まっていきます。

高品質コンテンツの作成

現状のホームページコンテンツのリライト、高品質コンテンツの追加によって、機能を持ったホームページへと成長させます。

コンテンツの評価をロスさせないためのSEO

SEOはこうした品質の高いコンテンツに対して、そのコンテンツ評価をロスさせないために施します。

SEO外部対策

SEO対策(SEO)SEO外部対策

SEO外部対策は、ホームページ全体や、ホームページ内のコンテンツページに対する外部サイトからの「リンク」や、サイトコンテンツの引用、言及などです。高品質コンテンツを配置することで、外部サイトからのナチュラルリンク獲得を目指します。

SEO対策を実施するポイント

SEO対策はホームページ内部に対するSEO内部対策が大切です。

自社で自社ホームページにSEOの実施する場合の問題点として、本格的なSEO対策を行なうには、専門の知識が必要なものの、SEOに関する情報を確認しても、その内容がすでに過去のものとなっていることが多く、現在のGoogleアルゴリズムからして間違った方法で対策することになりかねません。

こうしたSEOを実施しても、せっかくの施策の結果として上位化はされないどころかかえって順位下落の原因となることもあります。

SEO対策を実施するポイントとしては、基本SEOとしてのメタ属性のタイトル、ディスクリプションの最適化はもちろん、SEOキーワードの選定やページ表示速度、モバイルフレンドリーなど様々です。SEOのためのそれぞれの視点からホームページを改善していく必要があります。