WordPressのカスタマイズ

WordPressのカスタマイズ

WordPressのカスタマイズについて。

WordPressテーマファイルの編集やWordPressプラグインの実装などにより、WordPressサイトの各種カスタマイズに対応しています。

WordPress(ワードプレス)のテーマ(テンプレート)やWordPressプラグイン、ウィジェットなどをカスタマイズする場合は、phpファイルを操作する必要があります。ホームページ制作の基本となるHTML・CSSに加えて、phpやWordPress独自の関数の理解が必要なため、安易に操作するとエラーのもとになります。

WordPressサイトのリスト表示の変更やカスタムフィールドの利用、WordPressサイトのSEO強化、Webデザインの調整など様々なニーズに合わせたWordPressのカスタマイズに対応可能です。

WordPress(ワードプレス)の構造

WordPress(ワードプレス)の構造

WordPress(ワードプレス)は、ブログ機能をもった本体ファイルと、WordPressサイトの外観を決めるWordPressテーマをベースに構成されています。WordPressテーマは、ホームページ制作におけるテンプレートのようなもので、テーマファイルとしてWordPress本体とは独立して存在し、サイトレイアウトやカラーパターンなど、WordPressサイトのデザインは「WordPressテーマ」が担っています。

WordPress ホームページ制作

カスタマイズ方法

WordPressカスタマイズ方法

WordPress(ワードプレス)をカスタマイズする場合は、こうしたWordPressの構造の中のテーマファイルを編集する必要があります。

このテーマファイルはphpで記述されているため、HTMLなどと比較して、記述ミスがあると内部サーバーエラーを引き起こす可能性のある難易度の高いカスタマイズです。

カスタマイズには、phpの基本理解とWordPress独自のWordPress関数の理解が必要です。

管理画面のテーマ編集からも操作できますが、万が一の際を想定して、ローカルにバックアップを取る必要もあります。

WordPressサイトにおけるWordPressテーマのカスタマイズや、追加プラグインによるWordPressカスタマイズ、WordPressサイトのエラーに関する各種修正・サイト復旧などのサービスを提供しています。

WordPressのカスタマイズご対応可能範囲などを掲載しております。

WordPress(ワードプレス)のカスタマイズ

プラグインやWordPressのテーマを編集する

プラグインやWordPressのテーマを編集する

WordPressのカスタマイズの基本はプラグインの導入やWordPressテーマの編集です。

WordPressはプラグインを使うことで、プログラミングの知識がない方でも、ある程度の機能を追加することができます。

ただしプラグインはプラグイン同士の競合やWordPressテーマや本体との互換性の問題もあるため安定的な運用を目指す場合は若干のリスクがあります。

WordPressテーマについてもテーマ自体のバージョンを更新してしまった場合はカスタマイズが無効になることがほとんどです。

アクションフックやフィルターフック、子テーマの利用も検討したほうが良いかもしれません。

WordPress管理画面からカスタマイズする

WordPress管理画面からカスタマイズする

WordPressのカスタマイズ方法として、WordPress管理画面からカスタマイズする方法と、ローカルでphp,cssファイルを編集してFTPなどでアップロードする方法があります。

まずは、WordPress管理画面からカスタマイズする方法をお伝えします。

それでは、まずWordPressに管理者権限でログインしてみましょう。

管理画面からCSSを編集する

WordPressの管理画面からCSSを編集する

WordPress管理画面からCSSを編集してカスタマイズする場合、まずメニュー「外観」から「テーマの編集」を選択し、ファイル一覧から「スタイルシート(style.css)」を選択して、管理画面内のエディタを開きます。

そしてこの画面からWordPressサイトテーマののcssの編集を行います。
テーマによってはCSSコメントに作成者によるコメントも表記されているため、カスタマイズの参考になります。

ローカルでphp,cssファイルを編集してFTPなどでアップロードする

ローカルでphp,cssファイルを編集してFTPなどでアップロードする

同じように例えばWordPressテーマのCSSを編集する場合、FFFTPなどでWordPressインストールサーバーにFTP接続して、WordPressテーマの中から該当CSSを選んでダウンロードします。

そのCSSファイルをPCのエディタで開き、上書き保存して、WordPressテーマのCSSがあった場所に上書きアップロードします。

この時、エラーに備えてカスタマイズ前のファイルをバックアップファイルとして別フォルダに保存しておくと無難です。

WordPressの基本設定でカスタマイズする

WordPressの基本設定でカスタマイズする

WordPressの管理画面のメニューの「設定」からWordPressサイトの各種項目を設定することができます。

サイト名やキャッチフレーズの設定、カテゴリーページなどの一覧リスト表示件数、パーマリンク設定などはこの画面から設定することができます。

カスタマイズと言うほどでもありませんが、WordPressの基本的な設定であり、重要な設定部分でもあるので、入念に設定しましょう。